導入事例|事例動画を効率的に量産!展示会でのアイキャッチ動画に!

株式会社 博展 様

実績紹介
展示会

展示会で大量の事例を来場者に見せるために、”動画”という手段を選択し、『CM STUDIO』で動画の量産を実施した株式会社博展にインタビューさせていただきました。

大量の事例を動画化、その効果とは!?

■クライアント
株式会社 博展
コミュニケーションデザイン本部 プランニング局 中條氏

博展は、イベントや展示会を中心に、企業・団体の体験型マーケティング活動を支援しています。
イベントプロモーション、展示会出展、ショールーム、ポップアップストア、商談会、カンファレンス等の企画・デザイン・制作・運営を手がけます。

■ご利用場所
Japan マーケティングWeek【春】 2020年2月5日(水)〜7日(金)開催

■制作した動画

 

 

『CM STUDIO』の編集画面や使い方について

編集画面の使い方に関しては、マニュアルを一切見ずに簡単に動画を作れました。

自分の思う通りにサンプル動画を作れたところが一番満足していますね。
基本的に複雑な操作は必要ないですし、パソコンなどをある程度使える人にとっては、マニュアルレスで使えるものになっていると思います。

完成した動画のクオリティについて

クオリティがやっぱり正直一番心配な点ではあったのですが、本当に思ったよりもクオリティが高く、、

解像度のところだったり(動きの)滑らかさといったところももちろんですが、使える素材の良さとか、エフェクトに関しても、プロに頼むようなと言ったらアレですが、自分が期待していた以上のものになっていると思います。

お客様(ブース来場者)の反応について

やはりアイキャッチとして機能したというのが1番ですね。

自分たちが考えなければならないのは動画の編集をどうするのかというより、動画に入れる言葉を考えるだけでかっこいい動画、アイキャッチになるものが作れる。
商品の売りや伝えたいことさえ言葉にできれば、テキストを打ち込んで後は素材を選ぶだけで良いものが作れる、使いやすいサービスだと思いました。

最後に 『CM STUDIO』に今後期待すること

現状でももちろんテンプレートがたくさんあると思いますが、タグ付の工夫などでもっと探しやすくなると大変便利だと思いました。

今は(テンプレート検索ワードには)「クール系」とか「かっこいい系」とかがありますが、やはり映像の種類を探すとなると中々キーとなるワードはすぐに頭の中に出てこなかったりします。
そうしたワードの具現化に対応する検索システムであったり、フォーマットを充実していただけると、もっと使いやすく良いものになるかと思いました。


これからも、『CM STUDIO』を通した動画活用事例を発信させていただきます!

制作した動画

サービス紹介

株式会社博展 様

  • 利用シーン/ 展示会
00:30 16:9(横型)

動画フォーマット/Stencil Action Movie

CM STUDIOは
無料でお試しいただけます。

まずは無料でお試しいただき、ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
担当スタッフがさらに詳しく機能についてご説明いたします。